新生堂が詐欺業者と言われる理由を徹底分析!

 

新生堂が詐欺業者と言われる理由を徹底分析!

 

クレジットカード現金化業者の中には悪質な現金化業者がいるというのは紛れもない真実です。

 

悪質の現金化業者は私達、現金化利用者の足元を見て悪質なサービスを働き自社の利益を上げています。
しかし、最近ではネットが普及したため悪質なサービスを行うとすぐ発覚し淘汰されてしまうようになっています。

 

その為、めったな事が無い限り悪質の現金化業者を利用する事はありません。

 

では、新生堂は提供するサービスで詐欺業者と言われてしまうような現金化業者なのでしょうか?
そこにはしっかりとした理由が存在していました。

 

ではまず、その理由をご説明する前にどの様な現金化サービスが悪質なのかを簡単にご説明させていただきます。
現金化のご利用を考えてる方はどの様なサービスなのかを確認して置いた方が今後の役に立ちますのでどうぞご覧ください。

 

悪質現金化業者のサービスとは?

 

現金化業者の悪質被害といえば

  • 詐欺
  • 換金率の不正
  • キャンセル料の請求

というようなものが想像されると思います。

 

ではこの手口はどの様に行われるのでしょうか。

 

詐欺

この被害は名前からも想像のつきやすい悪質現金化業者の被害と言えます。

 

現金化を依頼したにも関わらず、お金が入金されない。という被害なのですが、このような悪質サービスを行う現金化業者は会社を作り、詐欺を働いた後跡形も無く消す。という手法を使っています。
その為、サイト作りにお金と時間がかかっていないサイトで現金化の運営を行っている事が多いのです。

 

つまり詐欺を働く現金化業者のサイトは質素な事が多いという事なのです。

 

換金率の不正

 

こちらは詐欺の次に有名な現金化被害かも知れませんね。
換金率は現金化業者の決める率ですが、あまり低すぎると現金化利用者はサービスを利用してくれません。

 

そこで、悪質な現金化業者の考えた方法は先に高めの換金率を伝え入金する際に伝えた換金率よりも大幅に低い額を入金するといったサービスです。
その後、利用者にクレームを付けれられても手数料というように誤魔化し無理やり話を終わらせるという不正方法になっています。

 

キャンセル料の請求

 

こちらは現金化のサービスを利用しなくても起こる被害になっています。
現金化業者は申し込みをしてそのサービスを利用させてもらいます。

 

しかし、ここで納得のいかないサービス内容ならば当然申し込みをキャンセルするのが普通の考えですよね。
そのキャンセルを利用した悪質なサービスはキャンセル料の請求です。

 

現金化業者には基本キャンセル料は存在していません。
高額のキャンセル料を脅しの材料に利用して現金化を利用させようとするのが、この悪質サービスの狙いなのです。

 

新生堂の現金化サービスは?

 

以上が悪質現金化業者の代表的な被害となっています。
では、詐欺業者と言われている新生堂は先程ご紹介したようなサービスを行っているのでしょうか?

 

そこで新生堂を調査してみました。
1つ1つの項目順にその結果をお伝えしたいと思います。

 

新生堂の詐欺業者疑惑

 

詐欺業者は質素なサイトの作りという噂でした。
新生堂のサイトを確認してみると質素などころか、丁寧に製作されたサイトである事が良くわかります。

 

更に会社概要を見ていただければ解りますが、代表者の名前と住所の記載がしっかりとされているので問題を起こった場合はこちらに連絡をすれば問題ありません。

業者名 新生堂
代表者 佐々木 浩司
所在地

東京都渋谷区初台1-9-7

営業日
  • チケット・金券類の売買
  • 新品・中古の売買【 ブランド品(バッグ・時計・宝飾品等)、古着、電化製品(パソコン・デジカメ等)】
  • 質屋業
換金率 最低87%
入金速度 最短5分

 

事業内容もしっかりと記載されているので問題なく現金化を行う事が可能な現金化業者と言えるでしょう。

 

新生堂の換金率の不正は?

 

次に伝えた換金率よりも低い金額を入金する悪質被害ですが、新生堂の換金率は最低87%となっています。
最低換金率が設定されている以上、そんなにあからさまな悪質サービスを行うことは出来ないかと思っています。

 

その事について、調査をしてみたところ新生堂の換金率は80%前後という事が解りました。
しかし、この80%にはしっかりとした理由があるのです。

 

換金率は消費税により必ず下がる

 

これは全ての現金化業者にいえる事なのですが、現金化を行う際に換金率を決めた後、もしくはその前に手数料と消費税が差し引かれるようになっています。
今現在、消費税は8%なので必ず8%は換金率が下がってしまうという事ですね。

 

そこから手数料も下がり8%+α(手数料)分の換金率が下がってしまうという事になるのです。

 

新生堂の換金率は87%、調査の結果80%前後で換金率がやり取りされている所を見ると換金率は消費税分の8%が差し引かれるだけという予測が立ち上がります。
悪質現金化業者により換金が下がる場合20%以上下がったという話を耳にしています。

 

そう考えると、8%しか下げていない新生堂は他の現金化業者に比べても優良の現金業者というように言えるでしょう。

 

キャンセル料の請求

 

ここまでくれば説明するまでも無いかもしれませんが、新生堂にはキャンセル料は存在しません。
むしろキャンセルする理由が無いサービスを設定しているので、キャンセルを申し出る方は少ないと言えるでしょう。

 

その為、新生堂は安心して現金化を行う事が可能な現金化業者であると言えます。

 

新生堂は優良現金化業者

新生堂は優良現金化業者

 

 

以上が新生堂の調査結果になります。
この結果を見る限り、現金化サービスは優良の現金化業者という事がわかりますね。

 

しかし、なぜ新生堂は詐欺業者と言われていたのでしょうか?
それは恐らく、消費税での換金率の減少が関係しているのでしょう。

 

この換金率が下がる現象が悪質サービスの1つ『換金率の不正』にあたるものと思われ、新生堂は詐欺業者と言われていると予想されます。

 

しかし、新生堂の換金率減少は国に決められた消費によるもので、どこの現金化業者でも必ず下がる様になっています。
以上の事から新生堂が詐欺業者と考えるのは難しく、むしろ優良の現金化業者であるという事がわかります。

 

換金率が75%を超える現金化業者は少なく、換金率が80%前後の新生堂はむしろ優良という事が出来る現金化業者と言えるでしょう。

 

その現金化サービスを一度体感する事をオススメいたします。

 

新生堂の公式サイトはこちら

最新更新日2018/5/31